TOKYOみみカレッジ
TOKYOみみカレッジ


東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、聴覚障がい者が、安心して東京を訪れることができるよう、首都大学東京、東京都、NECとの協働で、手話及び聴覚障害についての理解と関心を深めることを目的としたイベントが開催されます。 協会ではこのイベントに相談ブースを出展しています。

【開催概要】

1 日 時 平成28年11月13日(日曜日)10時00分から16時30分まで
2 会 場 首都大学東京南大沢キャンパス(八王子市南大沢一丁目1番)
3 主 催 東京都
4 共 催 公立大学法人首都大学東京、NEC
5 協 力 東京都聴覚障害者連盟、東京都中途失聴・難聴者協会
6 参加者 都内在住・在学の学生及び一般参加者
(入場無料。ワークショップのみ要事前申込)

http://Tokyo-mimicollege.com/ 外部リンク

   
  6月6日は補聴器の日キャンペーン
 
加盟店にて応募チラシを配布しています。
クイズに答えて店頭の応募箱に投函してください。
正解者の中から抽選で今年は豪華なカタログギフトをプレゼント♪

Q.「認定補聴器技能者の資格取得には最低何年かかるでしょう?」

今年のクイズは少し難しいかも!?ヒントはチラシの裏にあります。




 きっともっとずっと聴こう!6
 テーマ:【聴く脳を科学する】
脳の研究が近年明らかにしつつある言語習得のプロセスについて学び、
それぞれの段階で適切な支援のあり方を探ろうというものです。
「きこえ」こそが言語習得の土台であるという考えに立ち、
その「きこえ」の主体である子どもの「聴く気」「聴く力」「聴いて考える力」をフル回転させる、
そんな支援の仕方を考えます。
当協会も毎年後援している、難聴児ファミリーにおすすめのイベントです。
10月24日(土)・25(日)
国立科学博物館講堂にて開催

くわしくは、声援隊ホームページ>>>www.seientai.com


聞こえと補聴器の理解を深めるセミナー 
年齢による聞こえの変化はどうなるの?聞こえづらいと感じたらどこに相談するといいの?
補聴器はつけた方がいいの?補聴器はすぐ慣れる?
…など、聞こえに関する疑問、不安はありませんか?
専門家のお話や実際補聴器を使っている方のお話しを聞けるセミナーです。
ご希望の方には個別相談も行います。
この機会に、ご家族やご友人と聞こえについてのお話、聞いてみませんか?

7月26日(日)14:00~ 
山形テルサにて開催
入場無料
主催:一般社団法人日本補聴器販売店協会
お問い合せ:㈱秀電社(tel:023-623-7755)

 


6月5日(金)・6日(土) 東京都立産業貿易センターにて開催
たくさんのご来場ありがとうございました。


詳細はこちら http://jhf-jhida.jp

展示会 講演会 セミナー(消費者・技能者対象各種)
 音を感じる写真展 補聴器の未来図作品展

後援: 厚生労働省、文部科学省、国民生活センター、日本耳鼻咽喉科学会、日本聴覚医学会、
全日本難聴者・中途失聴者団体連合会、聴覚障害者教育福祉協会、
日本医療機器産業連合会、日本ホームヘルス機器協会、
テクノエイド協会、日本補聴器工業会、日本補聴器技能者協会、IHS日本支部


 

認定補聴器技能者
©Japan Hearing Instruments Dispensers Association