補聴器フィッティングの手順

補聴器を利用するまでのステップ

STEP 1 ご来店時に

  • 事前に耳鼻咽喉科(補聴器相談医)で紹介状を書いて頂いた方はお店の方にお渡しください。
  • コンサルティング(相談・アドバイス)
  • ご要望をお伺いします。
もっと詳しく
STEP 2 聞こえの測定

 

補聴器を調節するために必要なデータを取ります。特に、言葉の聞き取りの測定は重要です。
(補聴器を使用する前の言葉の聞き取りを調べます)

もっと詳しく
STEP 3 補聴器の選択と調整

 

補聴器の使用目的、聞こえのデータ・操作性等を判断して補聴器機種を選定します。

STEP 4 補聴効果の確認

 

補聴器を使用してみて、言葉の理解度や使用する場所の音環境を作って補聴効果を確かめます。

STEP 5 アフターケア

取扱い、アフターケアについて説明します。日常生活で使ってみて不都合なことをメモしていつでもご来店ください。ご相談や調整データ・アフターケアは記録してありますので安心です。

STEP 6 アドバイス・装用指導

補聴器を使用すると聞こえの環境が変わります。聞き方や使い方をご指導します。話し相手の方にも話し方を指導します。

※NPO法人日本補聴器技能者協会「補聴器を使用するまでのステップ」より

協会加盟店ではお客様の安全・安心のためにこのようなことをお伺いしています。

補聴器のご購入や耳型採取の前に

お客様が安心してご相談できますよう、次の項目を確認させていただいております。

この8項目のうちどれかに該当する場合には
耳鼻咽喉科医師にご相談されるようおすすめします。
◎耳の手術などによる耳の変形や傷がないか。
◎中耳炎などで過去90日以内に耳漏がなかったか。
◎過去90日以内に突発性または進行性の聴力低下がなかったか。
◎過去90日以内に左右どちらかの耳に聴力低下がなかったか。
◎急性または慢性のめまいがないか。
◎耳あかが多くないか。
◎外耳道に湿疹、傷みまたは不快感がないか。
◎500、1000、2000Hzの聴力に20dB以上の気骨導差がないか。

耳鼻咽喉科への通院・治療の有無

耳鼻咽喉科へ通院中か、過去に治療したことがあるかを知ることは補聴器を使う上で大切なことです。

現在、耳鼻咽喉科に通院中であれば・・・・
補聴器を頼らずにきこえの不自由さが解決できるのが一番良いことです。
現在治療中であれば、補聴器使用についてはお医者様に一度相談してください。
過去に耳鼻咽喉科にて治療した経験があれば・・・・
過去に耳に関する手術をした場合、補聴器やイヤモールド(補聴器用耳栓)を作成するときに影響が生じる場合があります。
また、病気の内容によっては補聴器の装用が適さない場合もあります。
最近のきこえについて・・・
現在あなたが、耳の痛み・耳だれ・めまい・急にきこえが遠くなった等の自覚がある場合は耳鼻咽喉科への受診をお勧めします。

難聴の原因

難聴の原因はご存知ですか?
難聴の原因がわかるときは補聴器選択の参考になりますので教えてください。
また、難聴の原因・程度を詳しくお知りになりたい方は、耳鼻咽喉科への受診をお勧めします。

不自由さの程度・使用目的・要望

どんなときにお困りか教えてください
きこえが遠くなったことで、どのような不自由さがあるのか教えてください。
例えば、「テレビの音が大きいといわれる」「玄関のチャイムが聞こえない」「会議のときに困る」等その方によって様々です。その不自由さをどれだけ解決できるかが補聴器の役割となります。また、補聴器の種類や形も様々ですし、補聴器をはじめて使う方は不安もあるでしょう。補聴器に対する要望・疑問を日本補聴器販売店協会加盟店の専門員に尋ねてみてください。きっとあなたのお役に立てるでしょう。

聞こえの判断と説明

人には音を聞く経路が2つあります。一つは、空気中を伝播する音の振動を鼓膜で受けてその振動を内耳で感知するもので、もっとも一般的な経路です。もう一つは、振動が歯や頭蓋骨を伝わってその振動を内耳で感知するものです。

これら2つの経路での聞こえの違いは、例えば自分の話す声を録音して聞くと、いつも聞いている声と違って聞こえます。これは普段話す自分の声の大部分は骨を経路として聞いていますが、録音した自分の声は、ほとんどが耳からの音だけを聞いているからです。

これらの経路での聴力を気導聴力と骨導聴力と言い、補聴器の調整に必要になります。その測定にはオージオメータという測定器を用います。オージオメータは、健聴の人が各周波数の音がやっと聞こえ始めたときの音の大きさを基準(0dBHL)にして聴力を測定するものです。

補聴器装用の純音聴力測定

気導測定 補聴器の機種を選定するのに必要
気導受話器を耳に被せて行う測定で、音をだんだん大きくし、音が少しでも聞こえ始めた時の音の大きさを測定します。この測定で正常な耳との聴力の差がわかります。数値が大きいほど聴力が低下していることになります。
骨導測定 難聴の種類がわかることがある
耳(耳介)の後ろの少し突起した個所に骨導受話器をあて、気導測定と同じ要領で測定します。外耳道や中耳を通さず、内耳に音を伝えます。
不快域値の測定 補聴器からでる最大音を決めます
私達の耳は大きな音に対して限界があります。大きすぎる音は不快であり聴力を悪化することがあります。不快域値の測定方法は、気導測定の時に聞こえ始めから徐々に音を大きくして行って、うるさく感じた時に合図のあった時の音の大きさが不快域値です。

語音明瞭度測定(言葉の聞き取り)

言葉の音が小さすぎると聞こえません。また、大きくすれば必ずしも聞き取り易くなるものでもありません。この測定は、言葉の聞き取りが音を大きくして改善される程度を測定するもので、その人が持っている言葉の聞き取り能力の目安と共に、補聴器装用効果の目安や適切な補聴器からの音の大きさの目安がわかります。この測定は言葉を一音ずつ聞き、正答率をパーセントで表します。例えば、測定してみて右耳が90%、左耳が50%になったとしますと言葉を聞き取る能力は右耳の方が良く、補聴器は右耳に付けるほうがより効果的であると言えます。

ホームはじめての補聴器 > 補聴器フィッティングの手順


TOP